ページの先頭です

よくある質問
屋根リフォームTOP > よくある質問

よくある質問

屋根のリフォームの時期の目安は?

目立った雨漏りなどが室内から見られない限り、御自分で判断されるのは非常に難しいと思います。
念のため、新築からまず10年目くらいを目安にそこから5年に一度くらいのペースで専門業者に点検をしてもらった方が良いと思います。
診断結果によっては直ぐに工事が必要なのか、まだ大丈夫なのかがハッキリすると思われます。
工事が必要と診断された場合、リフォームを行うかの最終的なご判断はお客様の判断次第です。

屋根のリフォームってどのくらい日数がかかるんですか?

建物の大きさ・構造・環境・材料によって工事期間は変ってきますので一概に「○日かかります」と言うことは出来ません。
現場の建物の状況をしっかり見てから大体の工事日数が分かります。

屋根工事をする時は自宅にいなければいけないのですか?

基本的には外での作業なので外出されても大丈夫です。また外部の工事の為、室内の家具などを移動させたりする必要もありません。
チョットそこまで買い物に…や、朝から仕事など家を空けても責任を持って留守番いたします。

屋根がサビてきているようなのですがどうすればいのですか?

サビ始まったら葺き替え又は塗装をする事をお勧めします。
塗装の場合はサビを落としてサビ止めを塗り塗装をします。一般的に昔の板金屋根の寿命は15年~20年くらいといわれています。
月日が経つと板金に穴があいたり、釘の穴から少しづつ雨が入っていきそこから腐っていったりもします。
何かおかしい?と思ったら無理に自分で屋根には上がらずに近くの建築業者、又は当社にご連絡ください。
適切なアドバイスをさせていたただきます。

部屋の天井にシミができました。 屋根を葺き替えなければいけないのですか?

すぐに屋根をリフォームしなけはいけないと考えるのは少し早いと思われます。
シミができるということは何か原因が必ずあるのは事実ですが、それが屋根なのか壁なのかそれとも・・・。
まず専門業者に連絡をして現状の報告を行ってください。適切な方法を提案してもらえるはずです。

うちの屋根には「雪止め金物」が付いていません。雪の時は大丈夫でしょうか?

「雪止め」はなぜ付けるかご存知でしょうか?大きく分けて2つあります。
ひとつは建物を雪から守るためです。放っておけば雨樋も雪で押され壊れますし、ひび割れた壁の溝やサッシの隙から雪解け水が入ってきてしまいます。
もうひとつは人を助けています。屋根に積もった雪は何十キロ、何百キロもあります。それが屋根の上から落ちてきたらどうでしょう・・。しかもそれが人にあたったらどうでしょう・・・。考えるだけでゾッとしますね。
屋根から落ちる雪は自分ではあまり気にならないかもしれませんが、住宅街などの密集地ではお隣さんとの人間関係も大切です。お互いに気持ちよく日々生活していくには細かい気配りが必要だと思います。

隣の庭木の葉が落ちて雨樋がつまって困ります。雨樋の掃除でも屋根工事店でやってもらえるのですか?

もちろんやらせていただきます。
手の届く範囲でしたら自分で掃除したほうが安く早くできますが、危険な場合は無理をせず各工事店に連絡した方がよろしいかと思われます。

ゴミ処理が問題になっていますが、葺き替えで出た廃材(瓦・土・木材等)の始末はどうなるのでしょうか?

もちろん当社がすべて持ち帰ります。ご心配なく。契約の際、見積もりの中に「廃材処理費」といった項目が入っております。
廃材はきちんと廃材処理屋さんに持っていき処理いたします。

工事中に雨が降ってきた場合は大丈夫でしょうか?

古瓦を降ろしたり屋根をはがしたらしても、すぐに下葺材を施工しますから雨もりの心配はありません。
この工程は一日あれば十分ですので安心してください。雨に対する養生は万全です。
夏場のにわか雨の降りやすいときを避けたり、その日・その週の天気予報に注意しながら各工程を進めて行きます

少しの雨樋工事でも修理してもらえますか?

もちろん大小の工事、関係なく施工させていただいております。
まずはお気軽にご連絡をください