ページの先頭です

施工事例
屋根リフォームTOP > 施工事例 > 鼻隠し・破風 板金工事(ガルバリウム鋼板)

鼻隠し・破風 板金工事(ガルバリウム鋼板)

「鼻隠し」とは軒先の先端(鼻先)、垂木の小口に取り付ける板状の部材の事をいいます。
鼻隠には雨樋が取り付けてあるので屋根から落ちてくる雨水が雨樋に入る際に飛び散るので塗装をしたり板金材を貼ったりし劣化を防ぎます。

こちらは木板にガルバリウム鋼板の板金材を貼り付けた写真になります。

塗装の場合は短期的なメンテナンスが必要ですが板金材の塗装は焼き付け塗装になっているので短期的なメンテナンスは必要ありません。
また木板と異なり雨水に強いので劣化が遅くなりますので建物にやさしい工事です。

「破風」とは妻側の垂木(部材の先端部)を隠すために取り付ける板の事をいいます。
破風は雨・風・日差しに日々耐えており、家の外部で劣化が一番早いとも言われる場所です。

こちらも木板を板金材を貼り隠し、早期の劣化を防ぎます。

板金材はガルバリウム鋼板・ステンレス・銅板等での加工が可能です。
お好みの色と材質で建物を彩り強くしてみてはいかがでしょうか。

その他の施工事例

before
after

施工事例一覧に戻る